経営業務管理責任者

経営業務管理責任者は、以下の条件に1人でも該当する方がいれば要件クリアとなります。

 

対象となる方

  *法人の場合・・・常勤の役員

株式会社の取締役
委員会設置会社の執行役
合同会社の有限責任社員
合資会社及び合名会社の無限責任社員
むかっ(怒り) この「役員」には、監査役、会計参与、執行役員が含まれないことに注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*個人事業主の場合・・・本人または支配人

 

 

 

 

経営業務管理責任者となる要件

  *許可を受けようとする建設業に関し、5年以上、上記の表の役職に就いていた方。

  *許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、年以上、上記の表の役職に就いていた方。

  *上記の2つ以外の場合でも、「準ずる地位」という形で要件クリアできる場合もあります。

    次項有この場合は個別にお問合せください。        

 

 

補足資料

経営業務管理責任者になるための要件である「5年以上」、「6年以上」という期間の証明書類を提出する必要があります。

ひらめきこの作業が、建設業許可の申請書類を作るうえで重要なポイントの1つとなります。

 

ここで、A.建設業許可を取得している(していた)法人で、上記に記載した要件をクリアしている方の場合と、B.建設業許可を持っていない法人で役員をされていた場合を考えなければなりません。

 

 

 

ケースAをみる            ケースBをみる

▲このページのトップに戻る