役員の選任

ひらめきNPO法人には、役員として、理事3人以上及び監事1人以上を置かなければなりません。

ひらめき役員の任期は2年以内の期間で、定款において定めることができる。再任を妨げない。

ひらめき役員のうち報酬を受ける者の数が、役員総数の3分の1以下でなければなりません。

ひらめき役員のうち、それぞれの役員について、その配偶者もしくは3親等以内の親族が1人を超えて含まれ、又はその役員並びにその配偶者及び3親等以内の親族が役員の総数の3分の1を超えて含まれることになってはなりません。

次項有 つまり、、、

         役員が5名以下のとき、親族は不可。

         役員が6名以上のとき、本人以外にもう1名まで親族可。

                                       ということになります。

ひらめきその他、欠格事由があります。下記のいずれかに該当する者は、役員になることができません。

 

 

1.破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

2.禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わった日又はその執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者

3. 以下の理由で罰金の刑に処せられ、その執行を終わった日又はその執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者

・ 特定非営利活動促進法の規定に違反した場合

・ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の規定に違反した場合

・ 刑法第204条、第206条、第208条、第208条の2、第222条、第247条の罪を犯した場合

・ 暴力行為等処罰に関する法律の罪を犯した場合

4.暴力団の構成員(暴力団の構成団体の構成員を含む)若しくは暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者

5.設立の認証を取り消された特定非営利活動法人の解散当時の役員で、設立の認証を取り消された日から2年を経過しない者

6.精神の機能の障害により役員の職務を適正に執行するに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者

 

理事の要件

 理事は、NPO法人を代表する業務の執行責任者!

 ★ 社員以外の方が就任するのもOK。

 ★ 自然人である必要あり。 ⇒ 法人は×

 ★ 未成年者もOK(民法上の制限行為能力者にはあたるが・・・)

 ★ 外国人もOK。

 

監事の要件

 監事は、理事又はNPO法人の職員を兼ねることはできません。

 監事は内部監査機関として重要な役割を担っており、下記の法定された権限事項を持つ。

 

                      記

 

 1.理事の業務執行の状況を監査すること。

 2.NPO法人の財産の状況を監査すること。

 3.上記1・2の規定による監査の結果、業務又は財産に関し不正の行為又は法令もしくは定款に違反する重大な事実があることを発見した場合には、これを社員総会又は所轄庁に報告すること。

 4.3の報告をするために必要がある場合には、社員総会を招集すること。

 5.理事の業務執行の状況又はNPO法人の財産の状況について、理事に意見を述べること。

 

▲このページのトップに戻る