医療法人の解散

医療法人のエンディングシーンを考えるとき、「解散」という選択は、事業承継や営業譲渡、合併などの検討を踏み、その結果、最終的に判断した状況という位置付けと言えるでしょう。

ここでは、解散について詳しく見ていきましょう。


まずは、医療法をチェック!!


(第55条)
社団たる医療法人は、次の事由によって解散する。

一 定款をもって定めた解散事由の発生

二 目的たる業務の成功の不能

三 社員総会の決議

四 他の医療法人との合併

五 社員の欠亡

六 破産手続開始の決定

七 設立認可の取消し


上記赤字の場合には都道府県知事の認可が必要となります。

安易な解散を防止するために認可を条件としている)

 

なお、財団たる医療法人については割愛しますが、第55条第3項で規定されております。

▲このページのトップに戻る