レンタルオフィスで宅建業をはじめる

レンタルオフィスだから全くダメというわけではありません。

一定の要件を満たせば充分許可が下りる可能性があります。

まずは、予定しているレンタルオフィスの運営会社から契約書類・建物図面・配置図等を取り寄せましょう。

それをもとに”一定の要件”に該当するかしないかを確認していきます。

宅建協会への入会など、宅建業への新規参入は何かと初期投資がかかります。

レンタルオフィスを事務所とできるか否かはコスト削減には欠かせない要素ではないでしょうか。

お気軽にお問合せください。

▲このページのトップに戻る