平成31年4月2日(火) ワーホリ案件

在留資格「特定活動(ワーキングホリデー)」からの就労資格への変更案件ペン

数年前にもヨーロッパ系の方の手続きで許可取得したことがありますが、原則、ワーホリは一旦帰国後の在留資格認定証明が正攻法exclamation

ただし、”やむを得ない事由”という事情により、本国に帰国せずに変更が認められるケースがあるという例外が存在。

今回の案件もすでに進行中のプロジェクトを抱えているケースのようなので、まずは、変更許可申請でトライするつもりパンチ

▲このページのトップに戻る