定款の作成

定款に必ず記載しなければならない事項(絶対的記載事項)は下記のとおりです。

 

 
1.目的

2.名称

3.その行う特定非営利活動の種類及び当該特定非営利活動に係る事業の種類

4.主たる事務所及びその他の事務所の所在地

5.社員の資格の得喪に関する事項

6.役員に関する事項

7.会議に関する事項

8.資産に関する事項

9.会計に関する事項

10.事業年度

11.その他の事業を行う場合には、その種類その他当該その他の事業に関する事項

12.解散に関する事項

13.定款の変更に関する事項

14.公告の方法

★ なお、設立当初の役員についても、定款で定めなければなりません。

 

ひらめき定款については、主たる事務所のある都道府県のホームページに定款例が掲載されていることが多いです。東京都の例はこちらから

 

 

次項有定款の作成で注意したいことは、社員総会主導型にするか、理事会主導型にするか、ということ。

 

・通常、都道府県のホームページに掲載されている定款例は、社員総会主導型になっていると思います。

・設立するNPO法人の今後の展開を考え、理事会に主導をおく定款にしておくことも可能です。

・ただし、理事会主導にした場合は、当然ながら、手続きにおいて本来であれば社員総会議事録のみ作成すれば良い場面においても、理事会議事録も準備する必要がある場面が増えることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらめき さらに、プラス@の定款を作るにはこちらから

▲このページのトップに戻る