解散認可申請

解散事由が「社員総会の決議」による場合は、認可による解散となります。

都道府県により多少の違いはありますが、概ね以下のような書類となります。

 

 

  • 社員総会議事録
  • 理由書
  • 財産目録及び貸借対照表
  • 残余財産の処分方法
  • 履歴事項全部証明書
  • 清算人に関する事項
  • 診療所廃止届(写し)

 

 

ひらめき解散届とは異なり難しい部分は、財産目録及び貸借対照表の日付。

 認可を条件とするため、その日付は都道府県ごとに設定された基準日(たいていは未来の日付)。

 次項有そのため、その数字はどうしてもあくまで計算上のものとなることexclamation×2

▲このページのトップに戻る